一人暮らし転勤ミドルの父さんと教え子の小児の少しほのぼのした物語

近年、旦那が一人暮らし転勤やる建物では、そのまま所帯紐付でネタするのがずっとなっているのですが…

先日、生徒の娘からあんな言及が。

「もしもし、ハリネズミ可愛くない?あたし、マジ飼いたい!」

身は即座に否定。「確かに素晴らしいけど、あんた大学とアルバイトというサークルで全然いないでしょ?一助するのは母体に決まってるんだから!それに、あんたが散らかし放題してるからゲージを据え置く配置も無いよ」

旦那はよっぽど語学にはいってきません。

娘は長らく、ほしいほしい〜!とごねていましたが、母親に相手にされないので「がっくり」という書いたスタンプを押してこういう陳述は終わりました。

旦那も既読はついていたけど、最後まで陳述にはいってこなかったので興味ないのだなあと思っていました。

すると、数日次娘宛にAmazonから家財道具が届きました。

差出人呼び名もなく、何も頼んだ物覚えもないので「何?」と言いながら開けてみるとそこには…

ハリネズミのぬいぐるみがはいっていたのです!!

どうも、飼えないけどこれで我慢してね!と旦那が送ってくれた同然でした。

さりげない優しさに和んだ夜でした。http://www.igroupcal.com/musee-hige/