色んな断層や造山帯について実践しました

断層などについて稽古しました。断層はその違いの対象によって、正断層・逆断層・横ずれ断層に激しく分けられます。ただし、実際の断層ではこれらの中間の種類の方法もあります。正断層は、付近の岩石にひっぱりのパワーがはたらいているときにでき易いだ。逆断層は、その逆に収縮のパワーがはたらいているときにできます。横ずれ断層は、断層一部分の方位に対して斜めの方位に収縮(あるいはひっぱり)のパワーがはたらいているときにできます。断層呑むこう周囲の土が、こちら側から見て右手に移動しているときは右手横ずれ断層、左手に移動しているときは左手横ずれ断層といいます。断層一部分は、再三その周辺の岩石が損傷されてできた岩片や粘土からのぼる破砕帯(断層破砕帯)をともないます。欧州のアルプス山脈や北アメリカ大陸西部のロッキー山脈などには範囲100km以上、継続1000kmをこえる狭い帯状の複雑な地質作りを秘めるグランドが知られ、造山帯とよばれてある。かなり勉強になりました。ミュゼ VIO